Interview

現場監督の仕事は、お客様にとって一生に一度の家づくりの中で、実際に形にする段階の重要な仕事。責任重大だと思います。大事なのは、チームワーク。私はスポーツをしてきたのでチームプレーの大切さ、信頼し合うことの大切さは実感しております。大型物件を完成させた後に、職人さんから「三村さんが担当する現場ならいつでもする」と言ってもらえたことは今でも忘れません。役割は違えど皆、良いお家を建てたいという一心で作業し、支え合っています。また、お客様とのチームワーク、すなわち安心して現場を見守っていただくための関係づくりももちろん大切です。アネシスに入って初めて担当したお客様に「ありがとう」の一言をいただいたとき、信頼あっての仕事なんだと痛感しました。
アネシスは、みんなが元気で団結力がある会社だと思います。そして、自分がやってみたいことを快く尊重してくれる会社。お客様も環境も様々ですから、現場の判断で小さなことから大きなことまで工夫を凝らす必要があるため、現場での「やってみたい」という発想はとても重要だと思います。今まで経験した事を次に活かして、次の成功へと繋げていくことを大切にしたい。そしてその成功とは、お客様をはじめ、関わった様々な人の笑顔なのです。

野球を見に行った時の様子。

野球ユニフォームです。

お客様に一生寄り添う会社です。

新しいお家を建てたいと考えている方は、きっと悩むことが多く、何から始めて良いか、何が大事なのか、など不安もあるかと思います。そんな中、ただの建物づくりではなく、お客様の想いに寄り添い、暮らしを第一に考えていくのが私たちの在り方です。まずはその不安を1つ1つ解消していくことから始めます。アネシスはお客様に一生寄り添う会社です。安心して家づくりを任せていただきたいです。

 

「他とは一味違う」と言われるために

10年後、アネシスが全国から一目置かれるほどの高い現場力を持つことが目標で、「他とは一味違う」と言っていただける現場づくりを目指します。そのための課題は色々とありますが、一歩ずつクリアしながら目標を達成できるよう努力していきます。まずは、品質の全現場統一をはかり、安定感をより高め信頼される現場づくりに励みます。

無料相談会
資料請求