2016-10-21 

趣味というべきか癖というべきか

こんにちは

つい先日、30歳という節目の年齢を無事に迎えることができました、ディレクターの式町です。

 

今回は題名通り、【趣味】と言えば響きがいいものの、周りの友人達からは【癖】といわれることのお話です。

この【癖】(自分で言ってます)がついたのは高校生の時、半袖のキーパーのユニホームがなく長袖のユニホームの袖を切ったのがキッカケ・・・

 

【欲しくて無ければ作れば良い】

私のD.I.Y精神に火がつきました

 

私の場合は、洋服に完全に特化していますので家具等は作れません。

洋服もイチから作る訳ではありません。

 

 

【切る】   【ほどく】   【縫う】

が基本の3点セット

 

 

 

ですが、特に【切る】が多い・・・

これが周りに【癖】と言われる所以です。

 

 

デニムジャケットの袖を切るのは当たり前

 

img_4489

 

オーバーオールの裾を切って短パンにしたり

 

img_4491

 

パーカーやスウェットの袖も難なく切り落とします

 

img_4490

 

帽子のツバだってお構いなし

 

img_4493

 

靴紐さえも長いと感じたら切ります(笑)

 

img_4495

 

ちゃんと 【縫う】 【ほどく】 もやりますよ

汚れて被れなくなった帽子のワッペンを縫ってみたり

 

img_4492

 

(このスウェットの袖も切りました)

 

古着屋等で手に入れたワッペンをジャケットに縫ったり

 

使わなくなったバンダナでネクタイを作ってみたり

 

同じデザインでも少し人変わった着こなしやカスタマイズをするのが好きな私

 

皆様も自分だけのオリジナルの1着

 

そして、自分達だけのお家をつくってみませんか?

 

次回予告は

『少しだけ私の生い立ち』

のお話を予定しています。

 

 

無料相談会
資料請求